学校法人水野学園 日本さかな専門学校

アクセス お問い合わせ 資料請求 体験入学・学校説明会

講師紹介Lecturers

今までにない総合的な「さかな学」構築を目指し、さまざまな「さかなの講師」を招聘。
実践的で魅力あふれる授業を行っていきます。

  • 日本さかな専門学校 学校長
    松山 英一

    さかなの魅力を学びつくしましょう。

    「さかなの魅力」って何でしょう?きっと人それぞれに、違った答えがあるのだと思います。
    私が思い浮かべるのは、地元のかごしまの錦江湾で子どものころに楽しんだ「キスの投げ釣り」。エサを自分で獲り、道具や仕掛けも素朴な釣りでしたが、意外にたくさん釣れて、本当にワクワクしました。さかなの反応が手首に伝わるたびに感じたあの高揚感は、何十年たった今でも鮮明に覚えていて、私の原風景となっています。
    さかなは常に食卓をいろどり、季節の巡りを教えてくれます。さかなと戯れることは、私たちの人生に喜びと豊かさを与えてくれます。「そんなさかなの魅力を、もっともっと多くの人に知ってもらいたい」私はそう願っています。
    これからスタートする日本さかな専門学校は「さかなを育てる、食する、愛でる」をキーコンセプトに、365日さかなと共生して学んでいく、稀有な学校です。「海が好き、釣りが好き、さかなが好き」な皆さん、世界でもっとも豊かと言われている日本の海や川を教室にして、さかなを学びつくしてみませんか。

  • 株式会社ウエカツ水産 代表取締役
    水産ビジネス担当講師
    上田 勝彦

    情熱を持って水産業の未来へ挑んでください

    水産業を目指す方に必要だと思う要素は二つあります。一つは自分の専門分野や本業を持ちながら業界全体を見渡せる大きな視野を持つこと。そしてもう一つは、水産業と他の産業、地域との関わりの中で、自分ができることを考え遂行していくこと。この二つの事ができていれば、その中からきっと新しい仕事のカタチが見えてくるはずです。
    これからの水産業界は自発的に考え、体を動かせる人材を求めています。社長だけどさかなを捌ける、寿司を握れる、そんな人材です。そんな人材を目指して、情熱を持ってこれから始まる新しい「さかなの学び」に取り組んでほしいと思っています。

    Profile: 株式会社ウエカツ水産代表取締役。1991年水産庁に入庁し、さまざまな公務に携わる。2015年に退庁、「サカナ伝えて、国おこす」を社是にウエカツ水産を設立し、日本の魚食復興をめざし、テレビや雑誌、料理講習などを通して全国を活動。

  • 青木 宏樹
    ARU代表
    生き物コンサルタント 小学校や大学などで、魚の捌き方講座やタコの解剖など、魚を使った体験教室を行う。魚食アドバイザーとして水産流通の現場でも活躍中。

  • 本間 俊輔
    株式会社水土舎
    主任研究員 水産コンサルタント。全国の漁村を巡り、「食と環境」をテーマに調査を行う。農林水産省や水産庁などの官庁の仕事にも携わる。

  • 菊地 和久
    すし専門調理師 35年以上のキャリアを持つ経験豊富なすし職人。日本橋の老舗店での仕事を皮切りに、有名店から大手すしチェーン、独立店舗経営など、活動の場も幅広い。

  • 浅井 和浩
    FISH&DISH 魚屋あさい 代表取締役 「魚と人」をつなぐをテーマに、解体ショー、市場ツアーや食育、コンサルティング業など、魚を通じた新しい価値や出会いを創出する活動を行う。

  • 井口 博人
    株式会社VANアクア・ティール 代表取締役 アクアリウムショップから水族館まで、大小さまざまな水槽の設計・施工・機材メンテナンスを行う水槽のスペシャリスト。

  • 近藤 環
    管理栄養士・調理師 栄養系大学卒業後、業界経験を経て管理栄養士を取得。また、有名老舗和食店で調理経験を積み、調理師免許まで持つフードスペシャリスト。

他にも業界で活躍するさまざまな著名人にセミナー等を担当していただく予定です。

  • 木村 尚
    海洋環境専門家・NPO法人海辺づくり研究会理事 事務局長 東京湾を子どもたちが泳げる豊かで美しい海にしたいと考え、東京湾の再生活動を中心に、日本全国の海と海辺の再生に尽力。

  • 宮崎 佑介
    日本魚類学会・日本生態学会所属 さかなの生態・分類について大学で教鞭を振るう他、TV・雑誌で調査員、解説員としても活動。著『初めての魚類学』は、さかなを楽しめる本として好評。

  • 脇谷 量子郎
    東京大学 大気海洋研究所 生物海洋学分野 特任研究員 専門は魚類生態学。特に海と川を回遊するウナギ属魚類を中心に、彼らの野生での暮らしぶりについて研究を行う。