学校法人水野学園 日本さかな専門学校

アクセス お問い合わせ 資料請求 体験入学・学校説明会

目指す未来・職業Profession

卒業後に目指せる仕事は多種多様。食品として魚を扱う仕事、観光レジャーなど幅広いフィールドで活躍することができます。

  • Aquaculture

    魚の需要増に伴い、世界的に注目を集める養殖業。安く、おいしく、安定的に供給するために、育て方はもちろん、飼育の際の餌の配合なども研究、日々進化しています。

  • Fishery food manufacturer

    干物、缶詰、練り物など数多くの水産加工食品を取り扱います。新メニューや商品開発を通じて、魚料理の新たな可能性を探求することもできます。

  • Fresh fish store

    さかなを仕入れて店頭で販売するお仕事。ただ商品を売るだけではなく、美味しく食べてもらうための調理方法や捌き方の講習を行う店舗もあります。

  • Fisherman

    世界有数の漁場日本では、古来よりさまざまな漁が確立されて来ました。定置網、底引き網、一本釣りなど、季節・魚種によって手段・方法を変えて漁獲を行います。

  • Aquarium shop

    観賞魚・水草・飼育機材など幅広い商品を取り扱う。初心者からコアなお客様の質問にも答えられるように、飼育方法・機材などに関して専門的な知識が必要となります。

  • Aquarium keeper

    世界中の水生生物を取り扱う水族館。飼育員にはさかなたちのコンディションを常に最良に保つスキルが求められます。また、漁師と連携して自分たちで捕獲に出向くこともあります。

  • Fishing gear manufacturer

    お客様のニーズを捉え、新しい竿・リール・ルアーなどを開発。また、各企業には新商品のフィールドテスターも在籍しています。

  • Fishing boat/Fishing spot

    初心者からベテランまで、釣りの持つ楽しさを伝えていきます。その上で海は危険を伴うため安全に遊ぶこと、海にも他の方にも迷惑をかけないようルールやマナーも教えていきます。

  • Marine environment conservation group staff

    海の環境を守ることは非常に大切です。干潟や磯・海岸の浅瀬から深海まで、生態・地形調査を行い問題点の解決方法を提案実行していきます。

さかなに関連するさまざまな分野で活躍中の方々を紹介します。
将来、自分が目指す姿をイメージしてみてください。

  • 株式会社ブルーフィン三重
    出口 和希

    「マグロを育てる」というスケール感と面白さ

    三重県神前浦でマグロの養殖業を営むブルーフィン三重。入社4年目の出口さんが任されている業務は、洗浄ロボット「せんすいくん」を使った生け簀の網の清掃だ。1つの生け簀は直径50メートル。清掃するのに丸4日間かかるという。「天候や潮の流れ、網の汚れ具合は生け簀のダメージにつながるだけでなく、マグロの生育環境を大きく左右するので、清掃は大事な仕事です」。
    水産高校時代にブリの養殖を体験し、その面白さに目覚めた。「毎日餌やりをして稚魚から少しずつ大きく育てて、最後に美味しくいただく。すごく達成感があるなあ、と」。就職活動の際、大好きなマグロを養殖しているこの会社を知り、入社を決めた。
    網の洗浄の合い間には、給餌の仕事を勉強中だという。今の目標は、任される業務を一つでも多く増やすこと。「養殖業には給餌や釣り上げ、加工などさまざまな業務がありますが、どれか一つじゃなく、何でもできる存在になりたいです!」と力強く語る。夢は上質な伊勢まぐろを育て上げる養殖のプロフェッショナルだ

    Profile: 株式会社ブルーフィン三重三重県漁業協同組合連合会と地元漁協との共同出資によって2011年に設立。黒潮の恩恵を受けた海域で育った高品質のクロマグロを「伊勢まぐろ」と名付けてブランド化し、養殖から加工、販売まで展開している。

  • 株式会社 三崎恵水産 仕入部
    青木 龍一

    経験と情報がものを言う、マグロの目利きの世界

    世界から水揚げされるマグロが集まる三崎港。青木さんの主な仕事は、市場でのマグロの買い付けだ。求める品質のマグロを選別し、最適な価格を付けてせり落とす。会社の事業の中枢を担う重要な仕事だ。
    入社して10年ほどは、マグロの加工から配送、販売までさまざまな仕事を経験し、マグロを見る目を養った。せりでは、切り落とした尾の断面というわずかな情報から質を見極めなければならない。「尾の断面から、腹の部分の身の具合をイメージするんです。脂はどうか、色はどうか、水っぽくないか、血栓はないか……など」。仲買さんとも積極的にコミュニケーションをとり、船や漁場に関する情報収集を行う。苦労や失敗を数多く経験し、最近はイメージ通りのものを見分ける確率が高くなったという。加工や販売の現場から「あのマグロ、良かったよ」と言われるときが最もやりがいを感じる瞬間だ。
    とはいえ、マグロの目利きに「パーフェクト」はない。「この道何十年、という仲買さんも『俺もずっと勉強だよ』と言うようなこの世界。自分ももっと経験を積んで、この道を究めたいですね」。

    Profile: 株式会社 三崎恵水産神奈川県三浦三崎の地で50年の経験と実績があるまぐろ専門の商社。熟練した匠の目利きによる選び抜かれたまぐろ、およびまぐろ加工品を提供。またアジア広域、USを中心に海外輸出事業を展開し、シンガポールでは飲食店を3店舗経営。

  • ARU代表 生き物コンサルタント
    青木 宏樹

    体験を通じて次世代へつなげるさかなの魅力

    さかなに触れることのできる移動水族館や、最後は食べるところまでを体験する捌き方教室といったプログラムを企画し、子どもたちがさかなに触れる機会を提供している青木さん。現在の活動を始めるきっかけは魚食普及活動のボランティアだった。そこでの子どもたちとの触れ合いや、水産業の厳しい現状などを目の当たりにしたことで、自分に何かできることはないかという想いが芽生えたという。
    「最近の子どもたちは案外さかなに詳しかったりします。インターネットで情報収集できるし、TVを見ればさかなくんがいる。そしてゲームの「あつ森」でさかなの名前を覚えた子もいます(笑)」。とはいえ実際に触れる機会はあまり無い。「捌き方教室で内臓などを見せると思わず「残酷!」と悲鳴を上げる子もいるのですが、最後に切り身にすると「うわーおいしそうー!」という声に変るんです(笑)。それがたまらなく面白いですね」
    見る、触れる、食べる、五感を通じての強烈な体験で、さかなの魅力を伝えたい。青木さんのそんな想いは確実に子どもたちに届いているに違いない。

    Profile: 生き物コンサルタントとして、研究者やTV番組制作会社を対象とした生物の調達を行うかたわら、小学校や大学などで、魚の捌き方教室やタコの解剖など、魚を使った体験教室を行う。魚食アドバイザーとして水産物流通の現場でも活躍中。

  • FISH&DISH 魚屋あさい 代表取締役
    浅井 和浩

    さまざまなチャレンジで「魚を楽しむ文化」を広めたい

    店舗を持たず、鮮魚のケータリングや解体ショーなどを中心に活動する「魚屋あさい」。代表の浅井さんは、東京の大学を出てエンジニアとして働いた後、故郷の沼津に戻った。「原点に戻って海と、魚と関わってみたくて」。仲卸の仕事に就き、魚の目利きや商売の面白さを知った。その後、東京の商社で働き冷凍品の流通を学んだ。
    仲間が集まると、地元から取り寄せた魚を振る舞った。「大きな魚を目の前で捌くと、ワッと歓声が上がる。山ほど作った料理があっという間になくなる。それがとにかくうれしかった」。この体験が起業のきっかけとなった。予約が入ると、自ら豊洲へ出向き魚を仕入れる。お客様の笑顔を間近で見られるのが、いちばんのやりがいだ。妻の有美さんは、ホームページ作成などの広報を担う。おかげで企業からも声がかかるようになり、仕事の幅が広がった。
    「魚の魅力を広めるために、特に子供たちに魚に触れる機会を与えたい」と浅井さん。今は鮎のつかみ捕りなど体験型の企画を検討中だ。「アイデアは尽きないですね」。魚への情熱が、浅井さんを動かし続けている。

    Profile: FISH&DISH 魚屋あさい「魚と人」をつなぐ、店舗を持たない新しい形の魚屋夫婦ユニット。鮮魚ケータリング&解体ショー、市場ツアーや食育、コンサルティング業など、魚を通した新しい価値や出会いを創出する活動を行う。